2014年09月06日

bizon弄り




前回購入してからその後お座敷でちょくちょく遊んでいたSBA製bizonですが、先日取り出したところ…



チャンバーパッキンのちょうど弾を咥えこむところがきれいにボトッと取れて出てきました。
ナンテコッタイ/(^o^)\
おかげで弾はポロポロ出てきてまともに撃てず、ワントリガーで5発同時発射するショットガン状態になったり、このままではイカン!
ということでチャンバーパッキンを分解、ついでにチャンバーそのものもパーツ交換してみることにしました。

交換用チャンバーということで以前購入したprowinチャンバーを試してみようと思いましたが、残念ながらこれは失敗でした。
bizonの場合通常のAKチャンバー位置と異なるため、マガジンが装着できません。
ということでジャンク品からLCTのチャンバーを取り出して組み込み。
無事装着できました。




組立ついでに外装もマグプルPTSのレイルパネルL4をクーリングホールに追加してみました。
サイドにレイルがついただけで印象がだいぶ変わりますね。




PEQ-15タイプのバッテリーケースをつけてみました。意外と似合う…?
意味があるかは不明ですが。

ついでにMIタイプサイドロックマウントも装着。これほんとに使いやすいです。工具なしで調整、装着できるのでお勧めです。
上に乗っかっているのはパチホロのXPS3です。
ハイダーはBattlecompタイプレプリカの BCEハイダーです…がスリット部のバリが全く取れておらず、穴開けてそのままの状態で
出荷した感じのパーツでしたw
(見てくれが非常に悪いのでルーターでバリを取り除き、再塗装しました。)



(*´ω`*)


さてLCTからもbizonが発売されましたが、今度発売予定のVSSの方が気になりますね。
久々にエアガン本体を購入することになりそうです。楽しみ!
  
Posted by 栗 at 10:43Comments(0)PP-19 bizon

2012年09月15日

PP-19 bizon

ロシア銃、ゲテモノ銃ファンの方々がお待ちのPP-19bizonがやっと発売されましたね!



4月に発売するよーってアナウンスから5ヶ月…。延期延期で今年は出ないんじゃないかと思っていましたが無事発売されて何よりでした。
すでに各所でレビューされていますがマガジンがもう固いのなんのって…(ヽ'ω`)
やすりやカッターなどで加工してちょっとキツイくらいで慣らしていくと良い感じになると思います。
その他トップカバーやストックなど、各所がえらい固いです。
頑丈なのがいいですが扱いづらいー。



セレクター部アップ。
パッと見普通ですが、ものすごく軽いです。小指でちょっと力込めるだけでするする動きます。力入れすぎようものならフルオートポジション通り越してそのままセミオートになってしまいますw 
LCTなんてかなり力込めないと動かないのに…クリック感の無さが致命的です…ムムム



ものすごく特徴的なマガジン。すごく…大きいです。
実弾だと9×18マカロフ弾が64発、9×19パラベラム弾モデルなら53発入るとか…驚異的な火力ですね。
この電動ガンではスプリング給弾式で160発入ります。
全体的に作りがちょっと甘いと感じる中で、このマガジンの弾上がりは意外にも良好。
私の個体では給弾不良もなく撃てました。




トップカバー開けたところ。
もう少し配線どうにかならなかったのかと…。ちょっと詰めの甘さを感じます。バッテリーはET-1の7.4V×800mAを使用。LCTよりもスペース的にカツカツな印象でした。
開けるのは比較的楽ですが閉めるのがちょっとシンドイです。
私の個体は軽く叩く必要がありました…




サイドマウントベースにNP3PK1装着したところ。
キツいです。キツキツです。レール通すのは普通にできましたがその後ロックレバーが半分しか動きません。LCTのよりきつめに設計されていますね。
他のサイドマウントも試してみたいところです。





最後にマズル部分。
フラッシュハイダーは逆ネジM14サイズで、サイレンサーなどを装着可能です。
PBS-4サイレンサーがあったので撃ち込んでみましたが割と静かになりますし、サイレンサーつけた姿もかっこいいので余裕のある方はいかがでしょうか?
因みに手持ちのPBS-4サイレンサーは根本までねじ込めなかったせいで酷く不格好な姿になったので写真撮りませんでした…|ж゜)
サイレンサーならPBS-1が似合いますね。

全体的に作りの甘さを感じる部分はありますが、まず国内のメーカーが作ることはなさそうなモデルを延期しつつも出してくれたsilver backには感謝です。
弄り甲斐もありそうなのでじっくり調教していきたいと思います。


おまけ




なんとなくつけられないかなーと思ってLCT製SAWグリップも装着してみた所、できました。色合いの関係か割と違和感ありませんね。


時間があるときに色々と弄ってみたいと思います。
ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

ノシ пока!
  
タグ :PP-19bizon

Posted by 栗 at 16:05Comments(0)PP-19 bizon