プロフィール
栗
にわかロシア装備収集者です。
AK弄くるのを日課にしています。

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年09月30日

SRVVハンドガード取付完了!

前回、取付に難儀していたSRVV製ハンドガードですが、リューターで削る事数時間、ようやくLCT製AKMSUに装着できました



ハイレタハイレタハイレタヽ(゚∀。)ノ≡ヽ(゚∀。)ノ

前回確認した通り、アッパーハンドガード内にガスチューブが全く入りません。
ガスチューブ径が21mm弱に対してハンドガード内は最大でも18mm前後だったので盛大に削る必要があります。



▲ビフォー




▲アフター


リューターには大変お世話になりました…切り子が飛んで片付けるのが面倒なのでヤスリですませようと当初思っていましたがとんでもない。
リューター無しではやってられませんこんなのw




ロアハンドガード部もリテイナー径が合わなかった為、少々削ることに。
現物合わせで様子見ながら合わせていき、なんとか嵌るようにはなりました。



組み込み前にまずスペーサーを取り付けます。
前回は全く逆方向で取り付けていましたw でっぱりのある方を銃口側にセットします。
私の個体では一番分厚いスペーサー使ってもすごく若干足りないらしくカチャカチャ鳴ってます。余りのスペーサーを使用しても
埋まらないのでそのうち何かかましてみようと画策中。





組み込み後全体。
AKMSUが近代的なイメージになりました。真っ黒。



ストック畳めるか少々心配でしたが、ちゃんと畳めました。




ただし、左右レイルに搭載した場合、ストックが干渉しそうなので、搭載できるものがちょっと限られそうです。個人的にサイドマウントフォアグリップを付けて見たかったのですがちょっと難しそう…




下側レイルにショートタイプのフォアグリップが良さげな感じです。

今回はなんとか組み込みに成功しましたが、もうしばらくはリューターで削るとかそんな作業したくないですね…(ヽ'ω`)
前回の記事にて、neko様より、無可動実銃のクリンコフにもポン付出来ないとの情報を頂きました。ありがとうございます。
実銃に無加工取付できないって…どうなってんのサバコーさん?
むしろこれこそロシアンクオリティとして楽しむべきブツなのかも知れません。
加工上等!ロシアУра!な方は是非ともこのハンドガード取付に挑戦してみて下さい。

ここまで見て頂きましてありがとうございました。

До свидания!








  
タグ :AKMSU

Posted by 栗 at 13:12Comments(2)AK用パーツ

2012年09月22日

ロシア製AKSUハンドガード



ロシアの新興装備品メーカー、サバイバルコープスよりAKSUハンドガードを紹介させて頂きます。
サバイバルコープス(以下SRVV)は現行ロシアの装備品などを製造しているメーカーとの事で、以前から戦闘服などでよく見かけるメーカーだったのですが、
このようなライフル用ハンドガードも製造しているとは知りませんでした…

この珍しいSRVVハンドガード、果たしてLCT製AKMSUにつくのか…挑戦してみようと思います。


袋から取り出したところ。
左からロアハンドガード、アッパーハンドガード、その下に並んでいるのがゴム製レイルカバー。(取り外しやすくていい感じです)

コの字型のプレートがスペーサー(後述します)、厚みの異なる2枚が付属。
更にアッパーとロアを締結するボルト×6(うち2個は予備?)

取付説明書:なし

さすがロシア製…考えるな、感じろ!ってことですね…参った



レイルカバー付けた状態。
このゴム製レイルカバーが固すぎず緩すぎずな感じで個人的に好感触でした。
以前樹脂製のレイルカバーを付けた事がありましたがあまりの固さに付けるのにも外すのにも難儀しましたのでこれはちょっと嬉しい。



レイルカバーを外して本体正面。
ロシア製の割には結構キレイで質感も良い感じです。(と最初は思っていました)




側面。made in russia。
レイルハンドガードではアメリカ製SAMSONのK-Rail Model3やKrebsのQUADレイルでクリンコフ用が存在しますが、
そのいずれにも似ていない独特なフォルムをしています。
やるじゃんロシア!
<9/23追記>
ジェミニ様から頂いたコメントより、UTG QUADレイルをコピーしたっぽいです。
切断痕が残っていたのはその為でしょうか…(;^ω^)
となるとレイルカバーも恐らくコピー品…




と思いきやその反対側…な…なんぞこれ…

切り子が大量に内部に残っている他、切断面の塗装すらされていません。
一応切削面の研磨などはされているようで触っても手が切れるなどの問題はありませんが…組み込んだら見えなくなるからってもうちょっと頑張って欲しかったな…

しかしこれこそがロシアンクオリティ。ちょっと痒いところに手が届いてない感じがまた味になりそうです。

…やっぱり気になるので目処がついたらブラッセンなどで塗装しようとおもいます



最初使い方が不明だった謎パーツ。恐らくスペーサーと思われますが、これでいいのでしょうか?中央部に開いている穴とかちょっと気になります…



さて購入したお店でも説明がありましたが、このハンドガード組み込みには加工が必要です。
私がざっと確認した限りでは、
①ロアハンドガードのリテイナーが合わないので、リテイナーかロアハンドガード部の穴を加工する必要あり。

正確な組み立て方が分かるまでちょっと保留します。


②アッパーハンドガードがガスチューブと干渉するのでいずれかを加工する必要あり。

こんなところでしょうか。
①はそんなに時間が掛からなさそうですが、②がちょっと苦戦しそうです…。





おまけ。ガスチューブ無しで組み込んでみました。中々良い感じです。AKMSUが完全に真っ黒になりました。これでガスチューブが入れば完璧なのですが…。
なんとか組み込めるよう頑張ってみたいと思います。

Пока!







  
タグ :AKMSU

Posted by 栗 at 17:45Comments(6)AK用パーツ

2012年09月15日

PP-19 bizon

ロシア銃、ゲテモノ銃ファンの方々がお待ちのPP-19bizonがやっと発売されましたね!



4月に発売するよーってアナウンスから5ヶ月…。延期延期で今年は出ないんじゃないかと思っていましたが無事発売されて何よりでした。
すでに各所でレビューされていますがマガジンがもう固いのなんのって…(ヽ'ω`)
やすりやカッターなどで加工してちょっとキツイくらいで慣らしていくと良い感じになると思います。
その他トップカバーやストックなど、各所がえらい固いです。
頑丈なのがいいですが扱いづらいー。



セレクター部アップ。
パッと見普通ですが、ものすごく軽いです。小指でちょっと力込めるだけでするする動きます。力入れすぎようものならフルオートポジション通り越してそのままセミオートになってしまいますw 
LCTなんてかなり力込めないと動かないのに…クリック感の無さが致命的です…ムムム



ものすごく特徴的なマガジン。すごく…大きいです。
実弾だと9×18マカロフ弾が64発、9×19パラベラム弾モデルなら53発入るとか…驚異的な火力ですね。
この電動ガンではスプリング給弾式で160発入ります。
全体的に作りがちょっと甘いと感じる中で、このマガジンの弾上がりは意外にも良好。
私の個体では給弾不良もなく撃てました。




トップカバー開けたところ。
もう少し配線どうにかならなかったのかと…。ちょっと詰めの甘さを感じます。バッテリーはET-1の7.4V×800mAを使用。LCTよりもスペース的にカツカツな印象でした。
開けるのは比較的楽ですが閉めるのがちょっとシンドイです。
私の個体は軽く叩く必要がありました…




サイドマウントベースにNP3PK1装着したところ。
キツいです。キツキツです。レール通すのは普通にできましたがその後ロックレバーが半分しか動きません。LCTのよりきつめに設計されていますね。
他のサイドマウントも試してみたいところです。





最後にマズル部分。
フラッシュハイダーは逆ネジM14サイズで、サイレンサーなどを装着可能です。
PBS-4サイレンサーがあったので撃ち込んでみましたが割と静かになりますし、サイレンサーつけた姿もかっこいいので余裕のある方はいかがでしょうか?
因みに手持ちのPBS-4サイレンサーは根本までねじ込めなかったせいで酷く不格好な姿になったので写真撮りませんでした…|ж゜)
サイレンサーならPBS-1が似合いますね。

全体的に作りの甘さを感じる部分はありますが、まず国内のメーカーが作ることはなさそうなモデルを延期しつつも出してくれたsilver backには感謝です。
弄り甲斐もありそうなのでじっくり調教していきたいと思います。


おまけ




なんとなくつけられないかなーと思ってLCT製SAWグリップも装着してみた所、できました。色合いの関係か割と違和感ありませんね。


時間があるときに色々と弄ってみたいと思います。
ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

ノシ пока!
  
タグ :PP-19bizon

Posted by 栗 at 16:05Comments(0)PP-19 bizon

2012年09月11日

クレブスMARKⅤタイプ カスタムセレクターレバー



某所にて実物パーツを見つけて以来、電動ガン用のレプリカが出来ないものかとずっと待っていましたがとうとう出ました!
ダイナミックスター製クレブスMARKVタイプカスタムセレクターレバーです。
購入したところはもちろんハンマーズさん。
これまでAK用カスタムセレクターというとNARKⅣタイプやX-47用など下側に突起がついているしか市場にありませんでしたが、こちらはご覧の通り上向きについています。

AKMSフレームはストックを畳むとセレクターの操作が困難になるため、このセレクターがどうしても欲しかったのですがハンマーズさんで販売されたと聞いて即注文しました。

早速LCT製AKMSUに組み込み。 無加工で装着できました。





▲セーフティポジション。
 セレクター中央に見える切り欠きはボルトハンドルを挟み込んでボルトストップさせる為のものです。
面白い構造ですね。




▲セミオートポジション。
従来のセレクターだとこの状態でフルオートポジションに操作するのがちょっと大変でしたが、上部の突起のおかげでかなりラクに操作することができます。
下手すれば指挟んじゃったりしていたのですごく助かります。



▲ちょっと残念だった事。
LCT製AKMSUですとボルトハンドルが最大でここまでしか下がらない為、切り欠きにハンドル挟む、といった動作が出来ません…。
まぁ出来たとしたもあまり意味ないですし、バッテリー入れるとハンドル動かすことも出来ないので、個人的には雰囲気だけ味わえれば良しといったところです。

個人的にこのパーツが単品で出るとは全く思っていなかったので非常に嬉しかったです。
AKMSUが理想の形にまた一歩近づきました。
ハンマーズさんにはひたすら感謝です。

おまけ



ハンマーズさんで買い物するとマスコットキャラの缶バッチが付いてきます。以前クリンコフ用ultimakレイルを購入したのでカミースの子が入っていました。
もう一人、ウシャンカ(ロシアの帽子)を被った子が欲しかったのですが今回もカミース娘でしたw
この娘可愛いのでそれはそれでいいのですがーむむっ。
次回買い物する機会があればウシャンカ娘頂けないか聞いてみたいと思います。








  
タグ :AKMSU

Posted by 栗 at 22:01Comments(0)AK用パーツ

2012年09月09日

RPKS74MN②

①の続きです。


  続きを読む
Posted by 栗 at 17:29Comments(2)RPKS74MN

2012年09月08日

RPKS74MN①

先日LCTより発売されたRPKS74MNです。





  続きを読む
Posted by 栗 at 17:31Comments(0)RPKS74MN