プロフィール
栗
にわかロシア装備収集者です。
AK弄くるのを日課にしています。

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年05月05日

US Palm AK マガジン

電動ガン用AKのマガジンと言えばまず思いつくのがスチールプレスの47用マガジン。
他にポーランド製を模したと思われるワッフルパータンマガジンとその他と割と色々な種類があります。。
そして先日マグプルPTSよりAKマガジンに新しいモデルが加わりました。



US Palm AK マガジンです。
お値段3000円ちょいと、他のAKマガジンよりやや高価なものの、成型や給弾などは
非常にしっかりしており、好感が持てます。



背面。特徴的な滑り止めのリブが再現されています。
マガジンポーチから出す際には効果的ではないでしょうか。







LCTのスチールプレスマガジンと重ねてみました。上がスチールプレス、下がpalmマガジンです。
プレスマガジンと比べてかなり分厚い感じに思えますが、実際持ってみると割とスリムな印象です。





CYMAの47マガジンと比較。従来のワッフルパターンマガジンとはまた違うフォルムで新鮮な感じです。マガジン底部も従来のAKマガジンとはまた違ったフォルムです。
パーティングラインがうっすら見えますが全く気にならないレベルです。
非常に丁寧な造形ですね。

給弾性能もしっかりしており、ノーマルでもハイサイクルでも難なく撃てました。
かなりマガジンを選んでいたLCTのAKMSUでも引っかかることなく使えるなど(CYMA製マガジンでも少々キツイ感じでした)精度も良さげな感じです。
珍しいマガジンなので。他の方と違ったものを求める方にはおすすめです。
ただ数を揃えるとなると、先述の通り少々高い価格がネックになりそうな感じではあります。




AKMSUに突っ込んでみました。レイルハンドガードを装着したモデルならなんでも似合いそうな感じですね。
こうした樹脂製マガジンは他ブランドでも色々ありますからそれらもモデル化して欲しいものですね。モデル化されているのが7.62mmのものがメインですから5.45mmも検討して欲しいものです。





  
Posted by 栗 at 17:50Comments(2)AK用パーツ