プロフィール
栗
にわかロシア装備収集者です。
AK弄くるのを日課にしています。

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年01月31日

SR-3Mセレクター調整

さて、タイトルにある通り、今回はLCT製SR-3Mのセレクター調整について触れたいと思います。


問題のセレクターですが、症状はクリック感が強すぎて使いにくいというものです。
振り子のように左右に稼働させ、セミオートとフルオートに切り替える構造なのですが動きがかなり渋いです。
慣らしが必要なのかと思い、何度かゴリゴリと動かしてみましたが、まったく解消される気配なし。
ではサビているのかと思い、潤滑剤を塗布してみましたがこれも効果なし。

業を煮やした筆者はそのままマイナスドライバーでこじるという強引な作戦を展開したのですが…。
なんと解消されましたw
どうもセレクター取り付け時にフレームに接触し過ぎていたようです。
セレクターとフレームの隙間にマイナスドライバーなどを差し込み、ちょっとこじるだけで調整できそうです。
これでスムーズにセレクターを操作できそうです。
しかしこのセレクター、ちょっと曲者でして、右から左に操作する分にはいいのですが、左から右への操作はちょっとやりづらいです。
まだセレクターは下の写真のようにセレクター位置がセミ、フルのポジションの穴に収まるようになっています。

【フルオートポジション】

【セミオートポジション】

が、この穴を通り過ぎてオーバーランすることがあります。(調整前もそのような現象がありました。)
オーバーランすると今度はトリガーを引いても撃てなくなることがあり、結構ストレスを感じます。
確実にセミ、フルのポジションで撃てるように改良したいところです。
それに形状的にもあまり手に優しくないのでどうにかならないものかと思考中。


  
Posted by 栗 at 17:49Comments(0)SR-3M

2016年01月24日

LCT製SR-3M分解



LCT製SR-3Mですが、どうもセレクターの調子がイマイチよくありません。
同社VSSはセレクターの調子は抜群なのですが…。
ということで分解して改善できるかどうかやってみることにしました。
その為メカボックスまで外す必要があります。
これは…面倒なことになった。


まずはハンドガードを外します。
ここからリアサイト根本辺りにあるバレルとリアサイトを固定しているネジにアクセスできます。


写真オレンジ枠に見えるのがリアサイト固定ネジです。
配線に隠れていますが、配線の下にアウターバレルを固定しているネジがありますので両方とも外します。


次にトップカバーを外し、カバーラッチについているボルトキャリア固定ビスを外します。
このボルトキャリアですが、AKとは少々構造が異なります。


スプリングが1本に見えますが、2本に分割されており、後方のスプリングを後ろの穴から引っ張るようにして外します。


外した後、ボルトキャリアスプリングガイドを前方にずらして、もう一つのスプリングを外します。
後はAKと同じ手順でボルトキャリアを外します。


ここまでくればもう一息。
グリップ底のビスを外してグリップを外します。


最後にメカボックスとフレームを結合しているこのビスを外します。
これでアウターバレルを前方にずらせばメカボックスを取り外せます…が、ここで問題発生。




普通ならこれでスポッと取り外しできるはずなのですが、上の写真のようにメカボに傷が入ってしまいました。
原因はこれ。


メカボックスを保持するためのスペーサーがフレーム内部にあるのですが、これがどうも摺合せ不足のようで引っかかってしまってました。
少々削ってスムーズに入るようにしておく必要があるかもしれません。
色々と面倒な…。

長くなったのでセレクター調整記事はまた次回に。








  
Posted by 栗 at 19:28Comments(0)SR-3M