プロフィール
栗
にわかロシア装備収集者です。
AK弄くるのを日課にしています。

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2015年11月15日

PP-19-01その後色々

LCT製PP-19-01ですが、その後トラブルなどなく快調に動作してます。
内部はこれで完了として、外装はまだまだ弄っていきたいと思ってます。
今回はアッパーハンドガードをちょっと変えてみました。



ロアハンドガードはフルサイズ/カービンと同サイズですが、アッパーハンドガードも同じ仕様です。
ということで、実際に確認とイメチェンを兼ねてLCT製G-04スチールハンドガードに換装。




かなりいかつくなりましたが、個人的にはちょっとミスマッチな感じかな…と。やはりこのロアハンドガードにはアレを装着したいところです。

さて、先日やらかしたマガジン抉れですが、どうにか修正できないものかと思い、悪あがきをしてみました。


枠で囲っている部分が抉れた箇所です。
ここにプラリペアを盛って乾燥後にサンドペーパーで平滑にします。自分は適当に320番→800番→1200番としました。

そしてそこにアサヒペンのストーン調スプレー(ブラックストーン)を吹き付けたところ…



どうでしょう?
かなり目立たなくなったと思います。
PP-19-01のマガジンですが、全体的にシボ加工が施されているので、似たようなトーンなら消せるかと思い試しにやってみました。
初めて使用するスプレーなので、耐久性など不明な点が多いですが、1週間ちょっと様子をみて判定してみたいと思います。






同じカテゴリー(PP-19-01)の記事画像
PP-19-01マガジンその後
LCT製PP-19-01 Vityazレビュー
同じカテゴリー(PP-19-01)の記事
 PP-19-01マガジンその後 (2015-12-20 16:32)
 LCT製PP-19-01 Vityazレビュー (2015-11-08 16:15)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。