2016年01月31日

SR-3Mセレクター調整

さて、タイトルにある通り、今回はLCT製SR-3Mのセレクター調整について触れたいと思います。


問題のセレクターですが、症状はクリック感が強すぎて使いにくいというものです。
振り子のように左右に稼働させ、セミオートとフルオートに切り替える構造なのですが動きがかなり渋いです。
慣らしが必要なのかと思い、何度かゴリゴリと動かしてみましたが、まったく解消される気配なし。
ではサビているのかと思い、潤滑剤を塗布してみましたがこれも効果なし。

業を煮やした筆者はそのままマイナスドライバーでこじるという強引な作戦を展開したのですが…。
なんと解消されましたw
どうもセレクター取り付け時にフレームに接触し過ぎていたようです。
セレクターとフレームの隙間にマイナスドライバーなどを差し込み、ちょっとこじるだけで調整できそうです。
これでスムーズにセレクターを操作できそうです。
しかしこのセレクター、ちょっと曲者でして、右から左に操作する分にはいいのですが、左から右への操作はちょっとやりづらいです。
まだセレクターは下の写真のようにセレクター位置がセミ、フルのポジションの穴に収まるようになっています。

【フルオートポジション】

【セミオートポジション】

が、この穴を通り過ぎてオーバーランすることがあります。(調整前もそのような現象がありました。)
オーバーランすると今度はトリガーを引いても撃てなくなることがあり、結構ストレスを感じます。
確実にセミ、フルのポジションで撃てるように改良したいところです。
それに形状的にもあまり手に優しくないのでどうにかならないものかと思考中。






同じカテゴリー(SR-3M)の記事画像
NPOAEG社製SR-3M内部調整
NPOAEG社製SR-3Mカスタム
NPOAEG社製SR-3M電動ガン レビュー
LCT製SR-3M分解
SR-3M小カスタム
LCT製SR-3Mレビュー
同じカテゴリー(SR-3M)の記事
 NPOAEG社製SR-3M内部調整 (2017-09-10 21:18)
 NPOAEG社製SR-3Mカスタム (2017-08-20 21:05)
 NPOAEG社製SR-3M電動ガン レビュー (2017-08-06 17:40)
 LCT製SR-3M分解 (2016-01-24 19:28)
 SR-3M小カスタム (2015-06-07 14:31)
 LCT製SR-3Mレビュー (2015-05-30 21:09)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。