プロフィール
栗
にわかロシア装備収集者です。
AK弄くるのを日課にしています。

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2015年12月20日

PP-19-01マガジンその後



前回の記事で抉れた箇所を補修し、塗装にてごまかしたPP-19-01のマガジンですが、その後について書きたいと思います。
結論から先にいいますと…


駄目でした。


ストーン調スプレー、確かに見た目の質感いいのですが触るとボロボロと表面から粒が取れてくるんですよね。
その為一度インディのクリアパーカーでコーティングし、その後数日乾燥させてみましたがやっぱりボロボロ粒が取れます…。
参った…。


ということで更に放置し時間を置き、今度は表面を水で洗浄してみました。
とにかくザラザラ感があまり宜しくない上、粒が取れるのも楽しくないのでいっそ取れるものは取っちゃおういう訳です。

で、結果はなんとか気にならないレベルまでになりました。
しかし、まだまだザラザラ感が凄まじく、元のマガジンと比べるとあんまり触りたくない感じではあります。
マガジンやハンドガードは頻繁に接触する箇所ですから、このような個所に使用するのはあまり好ましくないかもしれません。
粒さえ剥離しなければ最高なのですが、さすがに難しそうです、ううむ。
ひとまずこの問題は棚上げに_(:ф」∠)_。




同じカテゴリー(PP-19-01)の記事画像
PP-19-01その後色々
LCT製PP-19-01 Vityazレビュー
同じカテゴリー(PP-19-01)の記事
 PP-19-01その後色々 (2015-11-15 17:52)
 LCT製PP-19-01 Vityazレビュー (2015-11-08 16:15)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。